お知らせ

ハンドドリップはじめました

そろそろ全国的にコロナの緊急事態宣言が解除されそうな公算ですが、この外出自粛期間中に家での仕事環境を整えようとコーヒーをハンドドリップで入れ始めました。
なぜ「ゆるゆる」かというと「とりあえずドリップ”は”している」レベルだからです…(笑)

  • コーヒースケールをもっていない
  • お湯の温度は計らない(しかもコーヒーポットですらなく古いティファール)
  • コーヒー豆はひいてあるものを買う

ゆるゆるです。そして続けるためには映えだよね映え!という邪道な感じで珈琲生活お勧めします。

直にコップに一杯分入れるならドリッパー・ドリッパー用のペーパー・コーヒー豆で良いんですが、自宅仕事中のコーヒーは2杯ぐらいはまとめて入れたい。ということで色々とピックアップ。

ORIGAMI dripper

バリスタさんの要望に応えたというこちらのドリッパー、Brewers Cupの決勝で使用されたことで注目を浴びたようですが、完全に「映える」という理由で選びました。(笑)

こちら公式で「ORIGAMIおうちコーヒーセット」というドリッパーS+木製ホルダー+ペーパー+ガラスサーバーが5000円(税別)で販売されています。これとコーヒー豆を買えば「インスタントよりちょっといい感じにコーヒーを楽しみたい」派はお買い物終了です。

ペーパーは円錐型かウェーブ型になります。

参考 dripper | ORIGAMIROOTS オンラインショップ

アネッロ 珈琲ドリッパー

いや朝の一杯分で良いわーという方はこちらがオススメ。KEYUCAのアネッロ 珈琲ドリッパー。ドリッパーとホルダーの一体型、ステンレスなのでうっかり落として割ってしまう心配もありません。
個人的にはドリッパーが宙に浮いた形なので、隙間から入った量を確認できるのが便利です。

3000円(税別)+ドリッパー受け皿500円(税別)、ペーパーは台形型になります。

参考 アネッロ 珈琲ドリッパーKEYUCA オンラインショップ

essence of life

es pot

おしゃれな波佐見焼「essence of life」のポットです。
オンライン陶器市で、最初ドリッパー+ポットのセットを探していたんですが、ティーポット…みたいに丸いんじゃなくて…注ぎ口も長いとひっかけそうだし…とうろうろしていて見つけました。結果ドリッパーは別に探すことに。
ステンレスの茶こしもついてますのでティーポットとしても使えます。

参考 es pot 飴釉 400g - Hasami Life | 波佐見焼の通販サイトHasami Life

コーヒースプーン&クリップ

コーヒー一杯分の豆量がだいたい10g、目分量で入れる方はそれでもかまわないかと思うんですが、ひいた豆を購入して使うなら、袋の口を閉じることのできるクリップ付きコーヒースプーンがあると便利です。

IKEAのは一体型ではありませんがこれも映え。

参考 TEMPERERAD コーヒーメジャー&クリップIKEA

ハリオドリップケトル

あと一か月くらい珈琲生活が続けられたら、さすがに「お湯をちゃんと落としたい」とか考え始めると思うのでその時購入検討したいと思います。いやほら飽きるかもしれないし。(笑)直火OK

こだわりがなければもっと格安

続けるテンション上げるためにはかっこいい道具が良いな!とオリガミドリッパー+波佐見焼ポット+豆を購入しましたがそれでも1万円あればハンドドリップを始められます。コーヒー専門の会社のセット商品ならもっと安いです。

そしてこんなゆるゆるで美味しいのか?というとインスタントより断然美味しいです。

気になってる方は是非「ゆるゆる」から珈琲生活を!